やさしい幸せを忘れないために。。。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
お茶会
 20120310

こないだから準備していたお茶会を無事終えることができました。

先日、お友達に「明日は健太をパパに預けてお茶会に行ってくる」と話すと、「いいんじゃな〜い。あんなにパパさん、ゴルフにテニス行ってるんだからたまには行っていいのよ」と言ってくれました。

そうよねぇ、、、ということで、心置きなく行ってきました


外国人たちは、みな興味深そうにお点前やお道具を見ていました。

体験の時は、外国人3人一組につきこちら側が一人つくという感じで、お点前の手順を説明して、一人ずつ自分でお茶を点ててもらいました。

私の組は、中国人男性一人、オーストラリアの女性一人、インドネシアの女性一人でした。

さすがにみんな賢そうな顔していました(笑)

take two spoonfulls of tea powder and put then in the chawan と説明すると日本人ならなんとなく適量というのが自然に身についていますが、彼らは、てんこ盛りすくったり、ちょっとしかすくわなかったりと面白かったです。

そしてput a little bit of water in the chawan about two cm deepに対しては、why is it 2cm? と返ってきました。


Rotate the chawan clockwise two times. に対しては二周する勢いでぐるぐる回していました。

なるほど、そう取るのか。。。とちょっと新鮮で逆に勉強になりました。

何か質問ありますか?と聞くと、棗について聞かれました。
私が運んだ道具セットの棗は、風神雷神の風神が絵付けされている棗でした。これを興味深そうに見て、これはとてもかっこいいと言うので、江戸時代に俵屋宗達によって描かれた絵の中の神様だと答えると、神様なの怖い、悪魔の顔をしている。これは悪い神様?と言っていました。
悪い神様ではないと答えると、不思議そうな顔をしていました。
力強さを表していると言ってみると、それでもこんな怖い顔は悪い人みたいだけど、かっこいいと言っていました。(笑)
インドネシアの彼女は風神雷神を知っていました。

最後に写真を好きなように撮る時間があるのですが、一緒に写真を撮った人が、私は抹茶を飲むときはいつも砂糖を入れて飲むと話していました  

みなさんとても意欲的に体験に参加してくださって、とても喜んでいたので、よかったです。。。










22:21 主婦の日常 comments(0)
病んでいる心
 20120301

本日のお茶タイム、カフェマキアート。
今日も雨、最近天気が悪い日が多いです。寒い日は暖かい飲み物で一息。


今日は雨だから、インドアのレンタルコートが繁盛しました。
昼間っから優雅に4時間もテニスを楽しむなんて主婦だからできること。
毎日のようにこうやってテニスやってるなんて優雅ね〜。

駐車場が外車の車屋さんのようになっています。

テニスを横目に事務処理している私。。。ゲームの順番待ちで待合室でお茶している彼女たちの会話を聞いていると、今安いから来月フランス行かない?寒いけど今すいてるし。。。行きた〰い。行こうよ行こうよ。なんて会話していました。
いいわね〰。
子育てが一段落している主婦は時間もあるし。

でも私は子育てが一段落しても家のローンがあるし、いつまでたっても馬車馬のように働くんだろうな。。。


世の中やっぱり銭や!銭!!今日の私の心は、病んでいます(笑)






16:26 主婦の日常 comments(0)
謙遜の美学
 20120118

今日は、朝から雨。

宿題やったりドリルやったりして時間を潰し、午後から一緒に段ボールで車を作ったり、手裏剣を作って忍者ごっこしたり、サッカーのわざの秘伝を作ったりして一緒に遊びました。

そして夕食後、健太はTVタイム。DVD見ている。

「けんちゃん、あのさ〜」と話しかけると、「ちょっと黙っててくれる?」と言われてしまった。

夫は今日は遅いし、キッチンも片付けたし、お風呂も入ったし、あとは寝るだけ。。。



さて今日は謙遜の美学について。。。

日本では謙遜を美徳とするような風習がある。これは日本人の文化といっても過言ではないと思う。

私は昔は、謙遜の美学に反対派?だった。

あれは中学の頃だったかな、あるお母さんに誉められたことがあった。するとうちの母は「そんなことないのよ。たいしたことないのよ。」と謙遜した。

すると後日、そのあるお母さんは「ゆかちゃんってたいしたことないって〜」と言っているのを聞いてしまった。ショックだった。

今思えば、単なるイジメか?それとも嫌みか?とも思えない発言だが、本気で謙遜を真に受ける人もいる。

大人になってからもそれに似たようなことがあって、「謙遜しなくていいよ。謙遜を真に受けて謙遜していることがわからない人だっているんだから、私が、できない人みたいに思われてるやんか!!」と母を批判すると「それでいいの。できない人って思われてていいやんか」で終わり。終了。

それが腑に落ちないでいた。私は認められたいという願望があったのかもしれない。


そして今回のマニュアル作りの話になるが、表面は茶道の歴史を載せる。
私としては、表千家のアピールも入れたいところだけど、先生が「外国人の方には流派の違いなど必要ないです。」「ただ日本の文化を楽しんでもらうだけ。」「せいいっぱいのおもてなしをする。」
というコメントだった。
他のみなさんも同じだった。
そして皆さん、有能なのに意見をいうこはあっても自己主張する人は誰一人いない。
むしろ謙遜であふれている。
これは上から目線で見ているということではなく、確信的な自己の確立ができているからであろう。そしてそれが心の余裕に繋がっているように思う。


このように謙遜という高度な文化があるのに、日本人は残念なところもある。
それは「僻」だ。日本人は他者の目が気になる人が多い。それに他者と自分を比べる人も多い。僻んで妬む。そんな僻が入った会話をちょくちょく耳にする。
私も前はそうだった。ひがむという気持ちのせいで随分苦しんだ。
僻むというのは、結局心の甘えが原因だと私は思っている。
発想がとぼしい。幼稚な発想しかできない。だから自分の全てを冷静に且つ客観的に認められず、勘違いしている証拠であるように思う。
要するに、先ほどの話と繋げると謙遜するという心の余裕がないということだと思う。
こんなこというと日本人が幼稚な人が多いと言っているわけではない、もっと根深い何かのせいで僻や嫉妬や妬みが起こっている人もいるかもしれないが、私の場合の解釈を自分なりにしているだけ。

でもその僻は全ての自分を受け入れられたとき解消する。
私は、夫と出会って、僻根性は一気に解消された。
夫は、他者と比べて自分を大きくみせようとするええ格好しいな面が一切ない。
ありのままの自分を受け入れている。


なぜ私はこんなに理屈を述べているかというと。。。ずばり!暇だから(笑)


主婦になって狭い世間で生きていると、ステキな人だな〜と思う人はたくさんいても、こんな女性になりたい!!この人をお手本にしたい!と目標になる人に出会うことがない。
しかし茶道を通じて偶然にも目標とする尊敬できる人に出会うことがある。
そんな人みんな、謙遜を上手に使っている。
西洋では謙遜を重んじることはあまりないらしいが、教養のある人は西洋人でも謙遜の美学がある。
だから、暇な私は今日は、謙遜という美学について考えてみたのである。。。







20:39 主婦の日常 comments(0)
茶道体験
 

3月に、国際会館で日本学術振興会主催のノーベル賞受賞者&大学院留学生を対象とした日本文化体験会があります。今回は科学者&物理学者が来られます。
茶道、華道、書道、着付けがありますが、私は茶道のコーナーで出席することとなりました。


その茶道の作法マニュアルを作成することとなり、作っています。
とりあえず作ってみました。

ミーティング内の言語は英語ですので、英語で記述しています。

201202261



201202262

こちらは表案。シンプルにしました。

表は茶の湯の歴史を載せます。
この歴史の内容については、私には肩の荷が重すぎますので先輩が考えてくれました。
もちろん最後に先生のチェックが入ります。

最初は、ちょこっと歴史を載せる・・・みたいな話だったのが、あがってきた文の長いのに驚き
これでは、文字が小さいから裏表になるかな。。。
まだ検討中。

とにかくこの会は、お手前の体験をやってもらいますが、おもてなしが第一

楽しんでもらえることが目的です。

ちょうど新緑のきれいな時期ですし、日本の文化を楽しんでもらいたいです。


写真撮影OKなので、写真はバチバチ撮られます。。。。と説明をうけています。アラフォーの私でも写真撮ってもらえるかしら?(笑)


アジアンビューティーを意識して、お着物に合うように黒髪にしてゆきたいと思います








23:09 主婦の日常 comments(0)
親と子
 201202022

今週は夫が計画有休でお休み。

今日はゴルフへ行っている。

そしてこないだから我が家では、車を一台乗り換えるということになりました。


最初、義父からの電話で義姉が車を買ったという話から、なぜかうちの車を一台乗り換えるという話に夫と義父との間で話しになり、乗り換えることになりました。

そして、「車を一緒に見にいきたいからそっちへ行くわ」と義父母。


実は私は今、妊娠していて初期段階。

今度は産まれてきてほしいから、とにかくじっとしておきたい。

一人でじーーーとしておきたい。

それを夫が話してくれたけど、「来週から行きたいんやけど。」と義母から直接電話がありました。

私が断ると、ただ理由なく「来て欲しくない!」というふうに捕らえかねないので、私からはあまり言いたくない。
私がこんなんじゃなければ是非来ていただきたい。

来て欲しくない!!というわけでは決してない。

でもとにかくこの初期段階、気分も悪いし、じーっとしといていいといってくれたとしても人が出入りするだけでもせわしない。自分の親でもちょっと無理。だから私は意を決して

「和くんから聞いていると思いますが、初期なので大事にしたいから落ち着いてから来てもらえませんか?」と言いました。

すると「聞いてるけど、まだわかれへんのだぁ?和が一週間休みやし、車も見たろうと思ってるし、行きたいんやけど。来週火曜から日曜ぐらいまで。」と。。。

「まだわかれへんのだぁ?」という発言にはショックだったけど、それをいちいち突っ込んで考えず流すことにしました。



孫(健太)は学校なのに・・・・とにかく息子に会いたいのね




結局後日、「オカンと相談して大事な時期だからやっぱり行くのやめる」と義父から夫に電話がありました。


息子に会わせてあげられなくてごめんなさいね。。。。。


なんだかんだ言っても断ったのは事実なので、また嫌われちゃったかな
どっちみち前から私のことは苦手みたいなのでいいんですけどね



今の私、申し訳ないけど正直車なんかどうでもいいというのが本音。

いつになったらこの船酔い状態が落ち着くのか

私は神経質になりすぎているのかもしれない。でも後悔したくないから私のわがままを通させてもらいました。


車は義父母が援助してくれるそうで感謝している。感謝しきれないぐらいいつもお世話になりっぱなしであります。


それから車選びが始まり、、、、家で私が編み物をしていると「ゆかは、編み物ばかりして車を見てくれへん」と和くんはパンフレットを片手にぼやいてきました。

「その新車、和くんが乗るんだから和くんの好きなんにしたらええやん。お義父さんと相談して決めて」と言うと、ちょっと淋しそうだったけど、嬉しそうにパンフレット見ていました。


車は、夫が一人で見に行って決めてきました。


新車は三月末納車で、現在代車。

健太が「オデッセイ、どこ行ったの?僕、この車嫌だ」と言うので「新しい車になるんだよ」と言うと

急に泣き出して「僕、オデッセイとお別れしたくない。思い出がいっぱいある」と言うのです。

「オデッセイはね、もうおじいちゃん車だったから、いつもしんどい、しんどい、疲れた〜って言ってたから、そろそろ休ませてあげないといけない」

「どこ行ったの?壊すの?」

「ちょっと休ませてあげて、また新しい車に生まれ変わるんだよ」

とそんな会話を健太としました。


大人になると、いろんな事情で簡単に次。って思えるけど、子供ってあったかいね



とりあえず、義父母は健太が学校休みの春休みにでも来ていただければ。。。

でも夫が休みじゃないと意味ないですからね

健太が学校春休みで、しかも夫が休みのとき、ね  会えるといいんですが。。。

























21:30 主婦の日常 comments(0)
本の話
 20120125

本屋さんで見つけた本。

他に欲しい本があって本屋さんに行ったのですが、この「絶望名人」と書かれた本が目にとまり、思わず手にとりました。

最近の世の中、前向きになれる本が多い中、超〜後ろ向きな本。

このカフカという作家、超〜〜〜マイナス思考なんです。

マイナス思考すぎて笑えてくるほど。

マイナス思考も極めればすごいのだ。


ある一説


「将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。将来にむかってつまづくこと、これはできます。

いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです」

こんな内容の手紙をなんと婚約者に渡しちゃったのです。

後ろ向きすぎて笑っちゃうでしょう?


とにかく私はこの絶望名人という言葉に惹かれて、内容にも驚いて笑ってしまい、おもわず購入しました。


この本は、頭木弘樹という人が翻訳をされていて、さらに簡単な解説も添えられています。


読んでいるうちに、カフカの言葉が人間の真髄のような気がしてきて、実はただのマイナス思考ではなくて深い思考のように感じて、考えさせられました。


辛いときは、とにかく一回どん底に落ちるのもいいかもしれない。

この頭木さんという方、最後に

「ポジティブ信仰に圧倒されている人も少なくないでしょう。
しかし、人を前に進めるのは、ポジティブな力だけとは限りません。
ネガティブさからもまた力を引き出せることを、カフカは教えてくれます。」

と書いてありました。

そう!そのとおり!


この本は、カフカの日常の愚痴ばかりが書かれています。でも、本当に辛いとき、そして励ましの言葉がかえってプレッシャーになるようなとき、カフカの言葉は案外勇気を与えてくれそうです。

私は、現在特に落ち込んでいることもありませんが、落ち込んだときの対処法をみつけた気がしました。




22:10 主婦の日常 comments(1)
 20120124

初雪。

もう少し雪景色を楽しみたいと思っていましたが、今日は朝から天気がいいので溶けるのも早い。

道路の凍結が危ないから、和くんはいつもより30分早く出勤しました

こんな日に限って、健太の長靴がない


ちょうどこないだの雨の日に、「長靴きつくて履けない」と言っていて、新しい長靴買わないと・・・と思っていたばかりなのに、買うのを忘れていた
すまぬ健太

考えたあげく、サッカーシューズで多少の滑り止めになるかもしれないけど、ズボンの裾とか塗れちゃうよねぇ

ということで、ビニール袋をズボンの上から靴下のように履かせて、滑らないように底に少し穴を開けて、それで靴を履く。
完璧!完璧!

健太が「何コレ、おバカさん靴じゃん」と言いながらも、ちょっと嬉しそうで、「お〜バカさん♪お〜バカさん♪」と言いながら、登校しました(笑)

登校班の集合待ちの間に雪を丸めて遊んだりして、その時点ですでに手袋ビチャビチャ。わざとこけたりしているし、どうしようもない

着替えを持たせたので、学校着いたら着替えていることでしょう。


今日は午後から出勤でよかったぁ〜、道路凍結してるから怖いな〜と思っていましたから、よかった。

今日は雪かきをしなければならない。

長靴履いていかなきゃ〜


10:56 主婦の日常 comments(0)
茶仲間
 20111216

茶道の水曜お稽古仲間と人形町へ行ってきました。

人形町の小伝馬町の着物問屋街が目的でした。

見学です。見学

私が健太の帰宅までに帰りたいいうことで、時間を早くしてくれました。

健太を送り出して、すぐ出発して8時14分の電車に乗りました。

おばさま(おねえさん(笑い))二人と、ちょっと年上のおねえさんと私。水曜メンバーはいつもこの4人です。

人形町って小さな古いお店が軒を連ねていて、とっても安いし面白い街でした。

老舗洋食屋に連れていってくれました。

それは、細い路地に入ったところにありました。

日本家屋の古民家のお店です。二階へ通されましたが、急な細い階段を上がっていくと懐かしいような和室がありました。

値段もリーズナブルで、久々に美味しいハンバーグを食べました。

ゆっくりできるようなお店ではないので、食べたらすぐ退散しました。

そして水天宮の方へ向かって少し歩いて、人形焼きを買うと、もう1時半。

私だけ、ここでさようなら。

他のみなさんは、それからお茶タイムです。


みんなに「もう少しの我慢ですね。」と言われますが、私は全くかまわなくて、健太が小さいときは子供中心の生活は、それはそれで楽しんでいるので大丈夫。
ほんの少し、みなさんと楽しめればそれでOK!


人形町、また見て回りたいな。。。








23:23 主婦の日常 comments(0)
お刺身
 20111214

テニスの仲間とうどん屋さんで、ささやかな忘年会ランチをしました。

私はカレーうどんを頼みました。

仕事場でお世話になっている加藤さんが「お刺身ごちそうしてあげる」と言って、出て来たのがこれ!

いつもふとっぱらの加藤さん。


木曜日はオーナーの加藤さん、本職の歯医者がお休み。

私は午前中仕事して、私の仕事が終わる頃に加藤さんが来ます。

そして一緒にテニスをするようになりました。

加藤さんはテニスが終わってから、そのあとはゴルフの練習。

ついていけん元気ですよぉ〜。

最初の頃は、仕事で事務処理だけの日なら大丈夫ですが、クラブハウスやコートの掃除をするだけですっごい疲れて、それでテニスなんかすると、ぐったりしちゃって、晩ご飯の支度ができないほどぐったりしていました


主婦がテニスして遊んで、夕食の支度できないなんて、ほどほどにしておかないと、しまいに和くんに怒られる と思っていました。

加藤さんもそうだけど、みんな元気だなぁと思って、一番年下の私が、一番体力ないなぁ

と思っていましたが、今は体力ついて全然大丈夫!!

おかげで風邪ひかなくなりました。

平熱も以前は、35.4度とかだったのに今は、36.7度ぐらいになっています。

はやり適度な運動は必要ね〜。


来年も程度に頑張りたいと思います








23:18 主婦の日常 comments(0)
クリスマス会兼忘年会
 20111208

お友達宅でクリスマス会&忘年会をしたときのランチ。

おちびちゃんが二人もいるのにお料理を振る舞ってくれました

写真には写っていませんが、テーブルの真ん中にクリスマスリースが飾られていて、テーブルコーディネートもとってもかわいかった

キッシュはとってもふわふわ  カボチャスープもバッチリ

レシピ教えてもらいました。

毎年クリスマスは鶏のデミグラスソース煮込みを作っていますが、今年はキッシュで決まり






22:11 主婦の日常 comments(0)
<< 2/19PAGES >>