やさしい幸せを忘れないために。。。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
お手伝い
 201203261

今日は健太の幼なじみも一緒に連れて仕事場へ来ました。

りょうとくん。

りょうとくんのママも今日は仕事。近々近所に「gu」がオープンしますが、そのショップのスタッフとして最後の追い込みで連日準備に行っています。

健太たちは遊びたいということで、今日は一緒に連れてきました。

毎日のように一緒に遊ぶ二人。

健太たちはボールでサッカーしたり、縄跳びしたり、そこら辺走り回って遊んで、私は草引きしました。

私が草引きしていると、遊びに飽きたのか二人がやってきて「僕達も手伝いたい」と言って、手伝ってくれました。

草を引いていると、虫たちが土の中から出てきます。健太は喜んで虫を探していました。

201203271

お手伝いしてくれたから、アイスを買って食べました。

この橋の下には高速道路が通っています。しばらく車を眺めてから帰ってきました。

りょうとくんは算数が好きらしい。「りょうとくん算数が一番好きなんだ」と私が言っていると、健太が「僕はね、学校で一番好きなのは給食の時間!その次生活!その次図工!」と元気に答えていました。
やめてくれ〜

そーいえば健太の通信簿の最後のコメントの欄に「読書が好きで時間を見つけては本を読み、図書室で本を楽しんでる姿をよくみました。と書いてありました。
家でも虫の本をよく見ています。どおりで生活ね。。。

帰りに健太が「りょうとくん、今日はいい思い出になった?いい思い出になったでしょ?」と確認していました(笑)

とにかく二人が楽しそうだったからよかった。
23:56 けんちゃん comments(0)
7歳
 201203241

健太さん、7歳になりました〜おめでと〜

そして10日後にはお友達が8歳になります

先日、耳鼻科での診察で先生が健太に「健太くんは何歳だ?」と話しかけました。健太が「6歳です」と答えると「年長さんか?」と先生。「一年生」と健太が答えると先生は、チラッとカルテを見て「
おぉ、3月24日か。3月生まれはこれから楽しみなんだよぉ。3月生まれは必死でみんなについて行こうと頑張るから、これからどんどんみんなに追いついて、やがて追い抜いてゆくんだよ。」と言ってくれましたが、、、、「先生、私、4月生まれなんですよ」と言ってみると「ははは、私も4月なんですよ。追い抜かれたでしょう?」って先生は笑っていました

失礼な!!(笑)

なにはともあれ、今年も元気に7歳の誕生日を迎えられたことが幸せです。










22:59 けんちゃん comments(0)
しとしとぴっちゃん
 20120306

雨の日の朝。

お兄ちゃんになったらレインコートを着なくなるみたいです。

健太はまだ機嫌良く着てくれています。

かわいい

水たまりに入りながら、雨の日の様子を感じながら登校。

雨の日も楽しむ余裕のある子になってもらいたいな




22:21 けんちゃん comments(0)
退屈な日
 201202282

201202281

健太とお茶タイム。

今日から4日間も学級閉鎖。

健太は元気なのにいったい何すればいいのぉぉぉぉ〜

学級閉鎖は基本外出しないのがマナーですので、むやみに遊びにいけないしね。退屈。

「あぁ〜、退屈〜」と健太。

「そこらへん走ってきたら?」というと「じゃあ行ってくる」と言ってうちの狭い狭い庭でサッカーして遊んでいました。

風が冷たいけど天気がいいので、かわいそうだ。

誰もいない畑のあぜ道を一緒に散歩してきました

明日はまた雪っていってます。

明日は、ゲーム、読書、そしておやつ。健太と一緒におやつ作りでもすっかな〜。。。







15:29 けんちゃん comments(0)
健太の席替え
 20120119

この人、筋トレを始めました。

シャドーボクシングで汗かいています。

健太のお友達のみずきくんが、毎日4時半から30分リフティングと縄跳びの練習をしているそう。

毎日ですよ。毎日。

時には、やりたくない日だってある。でも自分で決めたことは最後までやりなさい!とお母さんが見守っていて、毎日継続しています。

エライ!!何がエライって親がエライ!

その話をすると、健太は「わかった!!」と、これをやりだしたのです。

「それ何?」と聞くと、「筋トレ」と言うのです。

TVか何かで見たのかな???

まず筋トレか?ボールにいつたどりつくのでしょうか?


ちょっと思考回路が人と違う。


そしてこの人、学校の席替えでついに一番前になりましたぁ

先日朝、「今日は席替えなんだっ、楽しみ楽しみ」と学校へ行ったので、帰宅してから「席替えどうだった?」と聞くと「一番前。」と答えるので、「一番前ってどこの一番前?」と聞くと・・・・

「僕は、くじびきしなかったの。先生がココって言ったところ。どこって、先生の机の前だよ。」というではないか。

ついに指定席(笑)

教卓のまん前です。

だいたい想像はつく。

授業にちゃちゃ入れるとか、授業中にうろうろするとか、勉強がついて来れないとか、そんなのでは決してないのはわかる。

では、なぜ一番前か?

そ・れ・は、「自分感覚で生きているから」です(笑)


休み時間、図書室によく行っているらしいですが、熱中するあまりチャイムが聞こえず図書室の先生に「てらこしくん、チャイム鳴っているよ」と注意され、体育の時間に遅れたり、図書室まで先生が探しに来たり。そんなことが何回かあります。

それに苦手な漢字の練習。

学校でもやるらしいのですが、だいたい一行ずつ書いていきますが、彼の場合「覚えたのに、何回も書く必要ない」と自分で決めてしまっているみたいで、やらなかったりするそうです。
「やりたくない!」と文句を言えば、先生も対応しやすいと思いますが、しれ〜とやらないみたいで、静かにしているからわかりにくいみたいです。

先生にノートに「何を聞いているのですか?」と赤ペンで二回目書かれたりしたことがあるので、「またやり方、間違ってるんじゃないの?」と健太に聞くと、「知ってる。こうやって書くんだよ。でも僕は何回も書くのが嫌だから書かない」と。変なところ屁理屈を言って頑固だったりするのです。

これら全て、協調性に欠けるといえば、そうだ。

怒って強制的にみんなと同じようにさせるのはとても簡単だけど、私は時間は多少かかっても健太が納得するように話あっています。

それを親ばかだと言えばそうかもしれない。

でも納得すれば、素直にやるのです。

テニスでも同じ。今のテニスのコーチは、枠にはまった人ではないみたいで、健太の性格をとてもよく理解してくれます。

「健太は、ひとつひとつ説明してあげると、それをよく理解しますよ。」と言ってくれました。

健太は偏屈だといえば偏屈かもしれない。

でもそれは今に始まったことではない。幼稚園の頃からそうである。

これでも随分周りにあわせようと自分に折り合いをつけるようになっているんですけどね。



私も育児をしながら、教育というもの、育児、社会、個人というものを考えています。
健太が手のかからない卒なくなんでもできる子だったら、こんなに色々考えるだろうか。
ある意味、健太に感謝しています。



でもいちいち全部真剣に向き合っていたら疲れるだけだから、気にしないで流すこともあります(笑)

赤ペンで「何を聞いているのですか?」と書かれたときは、さずがの健太もちょっとショックを受けていましたが、「気にすんな〜」と流しました。
先生には「くちで言っていただければ、わかります」と伝えましたけど(笑)


そして健太は今日も意味不明な筋トレを頑張るのでした。









22:10 けんちゃん comments(0)
書道
 20111221

今度は書道の賞状をもらいました〜。

これも夏休みに書いた書道。

「みず」という字を書きました。

よかったよかった

書の賞状をもらっといて、漢字ドリルが嫌いな健太

二学期も終わりにさしかかった頃、やっつけ仕事のようにまとめてやって終わらせました。

漢字ドリルをするときの健太のなんともいえない渋い顔しているのが、おかしくてかわいくて笑けてきます。


12月に入って、もうすぐ二学期が終わろうとしてるときでも、のんきにしているから「漢字ドリル、そんなんじゃ終わらないよ。」と言うと「別にいい。」と平気な顔して言う健太。「終わらなかったら冬休みに持ち越しだよ」と言っても「別にいいよ」だって。
危機感ゼロ

明日終業式だという前日の昨日、どういうわけかスイッチが入り、夕食を食べていると「早くお風呂して!ご飯食べたらすぐお風呂入る」と言うのでお風呂準備しました。

お風呂入ってあがってくると、黙って漢字ドリルをやっていました。

追い込まれないとやる気が起こらないタイプか?



なにはともあれ、終わりました。早いもので二学期終了。
あっという間の二学期でした。











23:24 けんちゃん comments(0)
持久走大会
 20111206

持久走大会がありました。

一年生男子81名、練習段階では毎回40位とか37位とかだったのですが、本番は17位。

大健闘でした

健太の仲良しのお友達のみずきくんが、とっても走るのが早いから、「みずきくんについていったらいいよ。ついていけるところまでついていきな〜」とアドバイスしました。

すると懸命にみずきくんについていっていました。

だいぶん体力、持久力ついてきたな。

サッカーとテニスのおかげかな〜。

同じサッカーのメンバーも9位と10位。みんな大健闘



幼稚園のとき、ある男の子に「けんちゃんが遅いよ。だからリレー負けたんだよ。」と言われたことがありました。

私はそのことを根に持っていて(笑) 健太に「僕、早くなったよ」と言ってやりなよ。
と言うと、なんと健太は「いいよ。だってぼく幼稚園の頃はほんとに遅かったんだもん。」だって。

なんていい子なんだ

余計なことを思っている私。恥ずかしいです

健太の方が、大人なのでした




23:07 けんちゃん comments(0)
読書感想文
 20111110

やった〜!

夏休みに書いた読書感想文が入選しました。

市の教育研究会から立派な賞状をもらいました。


一年生の読書感想文って親がお手伝いしないとまともに書けませんよね。

だから、まず健太に本を読んでもらって、読んで思ったことを全部書きだしてもらいました。

それを健太と一緒に文に構成しました。

健太は案外おもしろい感想を箇条書きではありますが書いていたので構成しやすかったです。



私の両親は「ものを書く」ということにこだわりがあって、夏休みの宿題で読書感想文を書かないとひどく怒られました。

それが自由課題の宿題で必須でなくても書かなくてはなりませんでした。

高校生になった頃、読書感想文からやっと解放されるか思っていたら「読書感想文書いたか?」と父に言われ、まだ言うか?と思ったのを覚えています(笑)


しかし弟は書かなかったのです。

さすが弟。

姉を見て、両親の眼をするりと抜けていたのでした(笑)



小学校低学年の頃は母と一緒に考えながら手助けをしてもらいながら書いて、高学年になると一回自分で書いてみてそれを父に提出。父が手直ししてまた私が書く。
中学以降になると自分一人で書いて仕上げる。
それを毎年毎年、よく続いたものです。


おかげでものを書くということが苦じゃないので大学でも職場でも困ったことはなかったです。

就職活動のとき、履歴書で特技を書く欄がありますよね。

特技ってどれほどのことを特技というのか。。。と考えていたとき、読書感想文を書くこと!と書いてやろうかと思っていました(笑)




そんなこんなで健太の始めての夏休みの宿題。

読書感想文は必須ではなく自由課題でしたが「書かなくては」という使命感があって、一番に仕上げました(笑)

健太もこれからこの使命は来年も再来年もずーっと続くのである。。。。




















13:01 けんちゃん comments(0)
参観日
 201110181

参観日に行ってきました。

自由参観なのでどの授業を観てもよいのです。

一時間目から5時間目までずーーーっと観ている人もいるらしいですけどね 私は体育の授業だけ観てきました。

体育館で跳び箱でした。

一組とニ組合同でした。合同といっても同じ体育館での体育の授業ですが、内容はクラスごと。

健太の二組は、チャイムが鳴るちょっと前に入ってきて準備をしていました。

もたもた準備をしていて子供たちは半分好き勝手してほたえていました。

一組はチャイムが鳴ってから入ってきました。

あとから入ってきたにもかかわらず、二組より準備を早く終わらせ、しかも準備体操も大きな声で元気にハキハキとやっていました。
しかも三段の跳び箱を飛んでいました。

健太たちの二組は一段飛び。

先生によって子供たちはこんなに違うんだな〜と改めて実感。



その日の健太、みんな赤白帽子をかぶっているのに健太は登下校のときかぶる黄色の帽子をかぶっていました。

体育館に入ってきたときに「帽子は?」と声かけると、ニッコニコで「忘れた〜。家に忘れてきたからこの帽子かぶった」と言っていました。
逆にめだってわかりやすかったけど、ほんとに頼むよ健太
他のお母さんに「けんちゃん帽子黄色じゃん」って笑われました。


帰りに教室の机の中やロッカーを観てきました。
机の中もロッカーもきれいに整頓されていました。まる〜。


教室の壁に貼ってある絵日記や絵、みんなとってもかわいかったです










22:22 けんちゃん comments(0)
サッカー男児
 201109161

201109162

201109163

201109164

一生懸命ボールを追いかける姿。

私は子供の頃、こんな一生懸命何かをやったことがあっただろうか。

健太が一生懸命なのは、半端な気持ちでやっていたら私に辞めさせられるからかな(笑)







21:46 けんちゃん comments(0)
<< 2/11PAGES >>

管理者ページ