やさしい幸せを忘れないために。。。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ブラックホール
 20120624

大きなパフェ。

健太が一人で食べれるはずがない。

残りは私が食べます

でももちろん私は自分の分も頼んで食べます


また別の日、くるくる(回転寿司)に行きました。

夫が最後にアメリカンチョコケーキを食べていました。

「甘すぎてひつこいからもういらん」と少し残して言うので「じゃあちょうだい」と私が残りを食べることに。

そんな私に対して「ブラックホールやな」と夫に言われました。


ほんとそう!と妙につぼにはまり、大うけしていると

「アホちゃう?悪口言われて笑ってるわ」と冷静な顔で言われました


もうすぐ40。食べるの控えないとね〜
23:07 主婦の日常 comments(0)
花畑
 20120602

少し前になりますが、お花畑へ行ってきました。

パークゴルフができるのに健太は、お花畑で走りまわっているのが一番楽しいと言って、花畑を走り回っていました。

広大な敷地にポピーとキンセンカが満開でとってもキレイでした。

お弁当持参で木陰でお弁当食べました。

何度も「パークゴルフできるよ」と声をかけたけど、「走る方がいい」とひたすら花畑を走り回っていました。

花畑を駆け抜けるのもたしかに気持ちがいい。

でも走るだけ???

汗びっしょりになって走っていました。

蝶々にでもなった気分なのか。


それだけで楽しいだろうか?と思ったりもするけど楽しいんですよね。健太は。。。。。

散々走って最後に芝の上でごろん。

果てしなく広がる空を眺めていました。

たまには大人もごろんして大空を眺めるのもいいかもしれない。

自然と平和に改めて感謝する気持ちになると思う。

今日も家族3人健康で平和に暮らせていることに感謝。。。。





10:02 自然 comments(0)
運動会
 201205191

地域の運動会がありました。

夫は、準備などのお手伝いはできないから走るといって自ら立候補して地域選抜リレーの大人一般の部で出場しました。

お手伝いできないから・・・というのは本当ではあるけど、本心はただ走りたかったのです(笑)

今年は自ら立候補しただけあって数日前からではあるが、走る練習をして体を慣らしていました。

しかも筋肉を上手に使う・・・とかいうパンツが売っているのですがそれをわざわざ買って履いて走りました(笑)

やる気満々で気持ちよく走っていました



地域選抜リレーは、予選、決勝とあり、メインイベントなので盛り上がりました。

この地域選抜リレー、3丁目は小3(女子)→小2(男子)→小3(女子)→小3(男子)→小6(女子)→小6(男子)→中学生(女子)→パパの8人で構成されていました。

自ら立候補して出たい人が出るだけあって、さすがみんな早いのぉ〜

出たい人が重なると、話し合って譲り合いがあるのですが、それで決まらないときは実際走ってみて早い人が選ばれます。

小学生の男子の部でその選考がありました。

4年生男子二人と6年生男子一人、合計3人で競い合いました。

この6年生は毎年出ていて、本当に早い。


予想通り6年生が勝って、4年生男子たちは不満全開 「6年生なんかに勝てるわけがない。ずるい」と言って諦めないから、役員のお母さんたちが「もう一回走ってみる?」と。

結果は変わらないと思われるが、走ってみることに。。。

案の定、6年生の子が断トツ。

4年生男子たちは、結果を目の当たりにしてしょうがなく納得。「そのかわり、負けたら許さん」と言っていたそう

6年生の男子は、最後だけど毎年走っているから譲ってあげてもいいような気もするけど、それは譲らないんだよね。

おとなしい感じの子だけど、芯は強いんだな。いいことだ。



メンバーが決まりかけた頃に今度は、6年生の女子が役員さんの家に来たらしく、「このメンバーじゃあ勝てない!私たちが交渉きていいですか?」と言いにきたそう

そして自分たちで交渉して、メンバー構成してこのメンバーが決定したそうです

子供たちのやる気がハンパない 拍手。



そんな熱い想いがこもったバトン。ハンパな気持ちじゃ走れません(笑)



予選は楽勝で、アンカーの夫は流して走れました。

活躍する場ないね。。。なんて余裕ぶっこいていたら・・・決勝は、予想外の展開で3位に終わりました


この地域選抜リレーとは別に、一般リレーというのがあって小学生以外の大人たちが走るリレーもあります。
これも出たい人がでます。
1丁目のお友達のりょうちんが走っていました。
スポーツマンの彼女だけあって、颯爽ときれいに走っていました


我が家は夫はリレー頑張って、私はタイヤ引きと綱引きのパワー系を頑張りました

綱引きは、赤組白組の対抗となりました。

大人のチームではなくて、一般女子の対抗となります。

白組の方は、中学生と高校生の女子が10人ほど構えていました。

私達赤組は、ママたちばかり。「中学生に負けられないよね」とちょっと若さにビビリながらも、久々の闘争心。

若い子に負けるか!という気持ちだけは一緒のママさんたち。妙に連帯感が出来て、秒殺してやりました(笑)

勝ったわ〜!  


子供を抱っこしてきて、買い物では重たいもの持って・・・筋トレになっているのだ。


満足。



健太は、全員出られる学年別リレーに出ました。

何気に前より随分早くなっていました。


楽しい運動会でした




















08:56 主婦の日常 comments(0)
支柱とシチュー
 20120514

連絡帳の左端、「しちゅう」と書いてあります。

「も」は、持ってくるもの。

「健太、これ何?」と聞くと「シチューと書いてあるね。」とシチューの発音で言うのです。

「シチューなんかなんで持って行くの?」

「さぁ」

さぁって・・・またわけのわからない問題勃発

というかピンと来ない私がわるいのか

「シチューって作ったやつ持って行くの?それとも固形のもの?そんなもの持って行くわけないでしょうよ!!」

連絡帳を見たのが21時。

21時か。。。もう遅いよ

「先生は何て言ってた?」

「別に」

「そんなわけないよ。調理実習なんかやるわけないしシチューって。。。」

そうだ明日の時間割。

時間割を見ると、こくご・さんすう・こくご・学かつ・たいいく。

さらにわからん

学活の時間にみんなでシチュー食べる?そんなわけ・・・ないない。



もういいや、明日先生に聞いてきてもらおう!

そして健太を寝せてから、健太の部屋で教科書を見ることにしました。

さんすう・こくご・図工・生活・・・生活を見ていると・・・あった

シチューじゃなくて支柱ね

なるほど。私はいつも「支え棒」と勝手に名前をつけていましたが、そういえば支柱と言う。

翌朝健太に「シチューじゃなくて支柱でしょうよ。ほらぁ。発音が違うってば」と教科書を見せると「そうだね。支柱ともいう」・・・ってまるで他人事

今思い出したくせに。コイツは



健太さん、この人は肝心なことは抜けているのに余計なことを考える時は頭フル回転させている。

こないだ私に「宿題は何のためにするか僕知ってるよ。学校でやったことの復習でしょ?でも僕は学校で全部覚えてきたから宿題やりたくないんだけど。」と言ってきた。

「うん、学校で覚えてきた?偉い!でも確認した方がいい。」と私。

「わからない人が宿題やるんでしょ?僕全部できてるよ」。とテストを三枚ランドセルから出してきました。

「そうだね。だけど二回やった方がより確実に覚えられるから宿題やった方がいい」

すると「ふーん」って言って素直に宿題に取りかかっていました。

いったい何なん?私はおちょくられているのか??



抜けているのかしっかりしているのか。。。わからん











22:16 けんちゃん comments(0)
認知症
 201204271

吉祥寺にある有名店、「小ざさ」の最中です。

たしかに美味しい



さて今日は、考えさせられたこと。。。。

仕事場のクラブハウスを掃除していると、ふら〜っとおじいさんが入ってきました。

おじいさんといってもうちの父より少し上ぐらいかな・・・という方。おじいさんだね

「ちょっと座ってもいいかな?」と外にあるベンチに腰掛けるので、「どうぞ」と言いました。

すると私に話かけてきて、その内容が支離滅裂で、そのうち卑猥なことを言い出しました。

あ〜この人、認知症だなとすぐわかりました。

卑猥なことをいうのも認知症の症状だと以前聞いたことがあります。

いつまでも相手はしてられないので、「ごめんね。お仕事しないといけないから。」と立ち去ろうとすると「仕事するの?見ていたい。」と言って中に入ってこようとして、「あんたキレイだねぇ〜」と手を握ってくるから、こりゃいかん!。。。。 今日はコーチはいないし私一人。

「お仕事するから、帰ってくれる!」と強めに言いました。



ただそこのベンチに座っているだけだったらいいけど、いくらおじいさんでも中に入ってこられるとちょと困るので帰ってもらうことにしました。

でも、「帰るの?」と言って、そのまままた自分の話を始めました。

「ねーねー、帰って!」と私。

そのようなことが繰り返されましたが、おじいさんは全く帰ろうとしないで、自分の話をしていました。

しかも支離滅裂。

これが認知症なんだろうな。。。

そして近寄ってくるのです。


このテニスクラブの前が特養の老人ホームで、そこに助けを求めました。

理事長さんが「この人は俺の奥さんだよ。迷惑だから帰りなさい」と強く言っていました。するとおじいさんは「迷惑?そうやって言われると悲しい」と私に言ってきました。

誰でもそうなるわけではないけど、人間の成れの果てがこれか。。。。と、なんか悲しいような、、かわいそうな、惨めな気持ちになり、邪険に扱うのがとても心苦しかったけど、「そうだよ。迷惑だから帰って」と私も言いました。


そうやって時間はかかりましたが、どうにかやっと帰ってくれました。
家に帰ったどうかわかりませんが、どこかへ歩いていきました。

おじいさんが帰ってから、「かわいそうだけど、これぐらい強く言わないと何時間でもいるからね、はっきり言わないとダメなんだよ」と理事長さんに言われました。


私は初めてお目にかかりましたが、このおじいさんは、この辺を時々うろうろしているらしい。

「かわいそうだけど、毅然とした態度で追い払うぐらいじゃないと入り込んでくるよ」と理事長さんが話をしてくれました。


ご家族の方は、どうしているのか?
こんなうろうろしていると危ないと思うけど。。。


人間ってまた赤ちゃんに戻ってゆくっていうけど、赤ちゃんはだんだん成長してゆくけど、老人はどんなに一生懸命世話をしても老いてゆくばかりだから、その辺もね、、、なんといっていいか、あてはまる言葉が見つからないけど、他人事ではないこの出来事、とても考えさせられました。











22:41 主婦の日常 comments(0)
子供の日
 201205051

子供の日、お友達の家族が自宅庭でのBBQに誘ってくれました〜

みんなで食べる食事は美味しいね。

201205052

そしてスモークチーズとスモークウィンナー。

ご主人が作ってくれました

ダンボールで作られた箱でこのように下から煙をくゆらせて2時間程待つとできあがり

ウィンナーはパリッパリで味が濃くなってるし、チーズも味が濃くなってとっても美味しかったです。

健太もとっても楽しい子供の日となりました



我が家は、いつも世間がお休みの時こそ忙しいパパなので、今年のGWも私と健太はどうしようかな〜と思っていました。

実家に帰省というてもあったけど、私は震災以来、家族が離れるのが嫌なのです
震災直後、夫を残して健太と二人実家に帰省しましたが、とっても不安だったので、それ以来なるべく家族は近くにいたいと思っています。

そんなこといっても健太は将来遠くへ飛び立っていくと思いますけどね。(そうなってもらいたい)
でも今は、家族三人が離れないように近くにいたいので、このGWもこちらで過ごしました。

お誕生日会を開いてもらったり、親戚の叔父と叔母が来てくれたり、めったに会えないお友達が子供を連れて遊びに来てくれたり、こうやってお友達がBBQに誘ってくれたりして、楽しいGWとなりました

みんなみんなありがと〜




21:14 主婦の日常 comments(0)
久々の再会
 201205042

都内にいる叔父と叔母が遊びに来てくれました。

私の結婚式以来だから、とっても久しぶりの再会でした。


せっかく来てくれるのに家にだけ案内してもな〜と思って大仏へ案内しました。

大仏の胸のあたり88メートルまでエレベーターで行けます。

晴れていると、スカイツリーも富士山も見えます。

し・か・し、曇っていて何も見えませんでした

ただ高いところに登って下の景色を眺めただけとなってしまいました


いつもは静かな大仏。都会から離れてゆったりとした空気を味わってもらえれば・・・と思って大仏を案内したのですが、予想外に屋台が出ていたり大道芸人がショーをやっていたりして混雑

40分も並んで上に上がってもめぼしいものは何も見えないし、混んでるし、、、大失敗

大仏の胎内に永代供養できる場所があって、「私は死んだらここに入れてもらおうかな〜、永代供養だったら健太以降の家族に負担かけることないし。」なんていう私の勝手な個人的な希望を話ししながらその場所を一周しました。

こんな大仏見物となりましたが、でもちょっとだけ観光気分を味わってもらえたかな。。。


今度はお泊りコースで、泊まってもらって一緒に偕楽園に行けたらいいな〜






22:33 主婦の日常 comments(0)
自分の誕生日
 201204281

先日、私のお誕生日でした。

お友達家族が祝ってくれました〜

そこのご主人が、私の好きなケーキ屋さんでケーキを買ってきてくれました

201205041

食事のメニューは、パエリアです

こんな大勢に祝ってもらうのって何年ぶりかなぁ?

私は幸せものです。

ありがとう〜




22:13 主婦の日常 comments(0)
男児たち
 201204181

二年生、そしてその弟も一緒に毎日毎日つるんでいます

自転車で公園へ向かっているのは、軽い暴走族です(笑)

一年生までは、いってもまだ親の範疇での行動だったような気がしますが、二年生になってくるとパワーアップして、近所のお母さんたちの怒鳴り声が聞こえてくることがちらほら。。。
うちもしかり。。。

201204181

高学年になると授業が終わるのも遅いしクラブもあるので、だいたい公園でふらふらしているのは二年生や三年生ですね。

3年生はギャングエイジと言われるそうです。二年生でこれなのに、これからますますパワーアップしてくるということですね

男の子って本当に、どうしてこんなことするの?!っていうことをやるんですよ。

私には弟がいましたが、弟はおとなしかったんだな。。。と今になっては思います。


こないだは、ホースの水を出して「トンネル」といって水を虹のようにして遊んでいたらしく、そのうち水のかけあいをしだして、それをしているところを私に見つかってみんな怒られ。。。

その前はどこかから荷台を持ち出してきて、それにみんなで乗ってスピード出して走っているところを他のお母さんに見つかって怒られ。。。

本当に疲れる   健太はどちらかというと、やんちゃな方ではないと思っていましたが、どうやらそんなことないですね


でも幸いなことに近所のお母さんたち、子供たちを自由にさせているけど放任しているわけではないので締めるところは締めて、、、、そのくり返しです。
近所のお母さんたちと連携して子供たちを見守っています。


それにしても「全くもぉーーーー!!!」って怒っているときは、カーってなってるけど、あとあと考えると、男児って本当にバカだなぁと笑えてきます。



鐘がなると、みんなサーーーっと引き潮のようのに引いて家に帰ってゆきます。

健太は家に帰ってくると、勉強タイムですがおとなしくやって、夜は本読んだりして静かに過ごしています。

どっかにスイッチあるのかな?

それとも私が怖いのか???(笑)


とにかく怪我のないように、そして近所に迷惑かけることのないようにだけ、見守っていかないとね。。。















22:21 けんちゃん comments(0)
 201204121

お友達と桜を観に行ってきました。

満開

天気もよくて春です〜。

パパが夜勤でちょうど帰ってきたので、新車をお借りしてドライブがてら行ってきました

和菓子屋さんにも行きたかったのでそのお店も行ってきました。

いつも行っていた和菓子屋さんは味はいいが、店員が。。。

そのお店、以前に羊羹を買いにいったことがありました。

「お使い物ですので箱に入れてください」と言うと、箱がないということ。「では違うものにします。」というと「でも大丈夫。二つくっつけてリボンするから。」と言うのです。

いや〜、それじゃあダメ。お友達に持っていくのじゃないんだから。。。

それで「箱に入れたものを持っていきたいので、違うのにします。」とその日は違うものにしました。

そしてまた後日、お使い物で行くと、また箱がないと言うではないか!!

そして品物より大きめの箱を持ってきて「これでどない?」。。。。ってこれじゃあスカスカじゃないか!!「う〜ん、これじゃちょっと。。。」と言うと「どら焼き二ついれたら?ほら」って無理やり空白を埋めるかんじのことを示してきました。

そーゆー問題じゃないよね。。。

田舎だね〜そーゆー田舎な部分が好きだったりするけど、でも贈り物のときはちゃんとしたい。


それ以来私は贈り物を買うときは、わざわざデパートへ行っていました。


そして今日は、隣町の初めて行く和菓子屋さんに行ってみました。

箱いっぱいありました〜。きれいに包装もしてくれました

この話を友達にしていたので「箱いっぱいあったね」と二人で笑いました



桜、本当にきれいでした。

201204122












22:10 自然 comments(0)
<< 2/43PAGES >>