やさしい幸せを忘れないために。。。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
認知症
 201204271

吉祥寺にある有名店、「小ざさ」の最中です。

たしかに美味しい



さて今日は、考えさせられたこと。。。。

仕事場のクラブハウスを掃除していると、ふら〜っとおじいさんが入ってきました。

おじいさんといってもうちの父より少し上ぐらいかな・・・という方。おじいさんだね

「ちょっと座ってもいいかな?」と外にあるベンチに腰掛けるので、「どうぞ」と言いました。

すると私に話かけてきて、その内容が支離滅裂で、そのうち卑猥なことを言い出しました。

あ〜この人、認知症だなとすぐわかりました。

卑猥なことをいうのも認知症の症状だと以前聞いたことがあります。

いつまでも相手はしてられないので、「ごめんね。お仕事しないといけないから。」と立ち去ろうとすると「仕事するの?見ていたい。」と言って中に入ってこようとして、「あんたキレイだねぇ〜」と手を握ってくるから、こりゃいかん!。。。。 今日はコーチはいないし私一人。

「お仕事するから、帰ってくれる!」と強めに言いました。



ただそこのベンチに座っているだけだったらいいけど、いくらおじいさんでも中に入ってこられるとちょと困るので帰ってもらうことにしました。

でも、「帰るの?」と言って、そのまままた自分の話を始めました。

「ねーねー、帰って!」と私。

そのようなことが繰り返されましたが、おじいさんは全く帰ろうとしないで、自分の話をしていました。

しかも支離滅裂。

これが認知症なんだろうな。。。

そして近寄ってくるのです。


このテニスクラブの前が特養の老人ホームで、そこに助けを求めました。

理事長さんが「この人は俺の奥さんだよ。迷惑だから帰りなさい」と強く言っていました。するとおじいさんは「迷惑?そうやって言われると悲しい」と私に言ってきました。

誰でもそうなるわけではないけど、人間の成れの果てがこれか。。。。と、なんか悲しいような、、かわいそうな、惨めな気持ちになり、邪険に扱うのがとても心苦しかったけど、「そうだよ。迷惑だから帰って」と私も言いました。


そうやって時間はかかりましたが、どうにかやっと帰ってくれました。
家に帰ったどうかわかりませんが、どこかへ歩いていきました。

おじいさんが帰ってから、「かわいそうだけど、これぐらい強く言わないと何時間でもいるからね、はっきり言わないとダメなんだよ」と理事長さんに言われました。


私は初めてお目にかかりましたが、このおじいさんは、この辺を時々うろうろしているらしい。

「かわいそうだけど、毅然とした態度で追い払うぐらいじゃないと入り込んでくるよ」と理事長さんが話をしてくれました。


ご家族の方は、どうしているのか?
こんなうろうろしていると危ないと思うけど。。。


人間ってまた赤ちゃんに戻ってゆくっていうけど、赤ちゃんはだんだん成長してゆくけど、老人はどんなに一生懸命世話をしても老いてゆくばかりだから、その辺もね、、、なんといっていいか、あてはまる言葉が見つからないけど、他人事ではないこの出来事、とても考えさせられました。











22:41 主婦の日常 comments(0)
スポンサーサイト
22:41 - -
comment

message :