やさしい幸せを忘れないために。。。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ありがとう
 201207131

お友達がインドネシア料理を作ってくれました。

帰国子女の彼女、インドネシア時代お母さんがよく作ってくれた料理だそう。

生姜たっぷりチキンライス

そしてクルーゼの器にメッセージ付きで作ってくれたものは、かぼちゃサラダ

もう一人の友人が作ってくれました。

私はただの女子会だと思っていたら、こないだ健太のサッカーで親子共々沈んでいたのを気づかっての女子会を開いてくれたのでした。ホントありがとう。泣けてくる

ほんとあったかい




彼女の息子たちは先日もリーグ戦で戦っています。
健太に「空くんは今日もリーグ戦出てるんだってよ」と言うと「そうなんだよ。空くんうまいんだよぉ」と言ってそのしばらく後に、「うふふ、僕はサッカーはちょっと。。。」と照れたような顔で私に言ってきました(笑)



このサッカークラブから、将来一流選手が生まれるんだろうな。共に練習したことある子がそうなったら私も嬉しい
いろんな可能性がある子供たち。子供たちっていいな〜。。。。









09:51 主婦の日常 comments(0)
少し分けてあげて
 20120624

夫がソフトボールの試合に召集されて出ました。

元野球部。

今回、サード3番で出ていました。

ホームラン3回。華麗なボールさばき。

運動神経をちょっと健太に分けてあげて〜


肝心の健太さんは

201206242

虫探しに必死


野球上のすぐ脇で少年サッカーの練習をやっていたので、少し見学しました。

健太はここに入れば、健太でも上手な方になるんじゃないか!?

入るクラブチーム間違えたかな〜

来年はセレクションの試験がある。

今の健太じゃ到底無理。逆に受けるって言われたらびっくりするわ

無理に受けなくてもいいよと思っていたけど、スポーツマンのパパはそんなの許せない。意外と熱いのだ。

セレクションを受けるとかそーゆーことじゃなくて、とりあえず努力してみろよ!ということだ。

まぁ、せっかく入ったんだから、やるだけのことやってみようよ!と話し合って、とりあえず努力というものをやってみることにしました。

家で自習練やって、朝も走ることにしました。

朝走るのは2キロぐらい。

軽〜く走って帰ってきてシャワーして、、、ご飯をモリモリ食べて元気に登校。



とにかくボールで遊べよ!と思うけど、昨日は夕方「これで明日はみずきくんちに行く〜」と言って竹馬の練習していました。

竹馬もいいけど、、、、ね

サッカーやろうよ、けんちゃん。。。。









10:43 主婦の日常 comments(0)
ブラックホール
 20120624

大きなパフェ。

健太が一人で食べれるはずがない。

残りは私が食べます

でももちろん私は自分の分も頼んで食べます


また別の日、くるくる(回転寿司)に行きました。

夫が最後にアメリカンチョコケーキを食べていました。

「甘すぎてひつこいからもういらん」と少し残して言うので「じゃあちょうだい」と私が残りを食べることに。

そんな私に対して「ブラックホールやな」と夫に言われました。


ほんとそう!と妙につぼにはまり、大うけしていると

「アホちゃう?悪口言われて笑ってるわ」と冷静な顔で言われました


もうすぐ40。食べるの控えないとね〜
23:07 主婦の日常 comments(0)
運動会
 201205191

地域の運動会がありました。

夫は、準備などのお手伝いはできないから走るといって自ら立候補して地域選抜リレーの大人一般の部で出場しました。

お手伝いできないから・・・というのは本当ではあるけど、本心はただ走りたかったのです(笑)

今年は自ら立候補しただけあって数日前からではあるが、走る練習をして体を慣らしていました。

しかも筋肉を上手に使う・・・とかいうパンツが売っているのですがそれをわざわざ買って履いて走りました(笑)

やる気満々で気持ちよく走っていました



地域選抜リレーは、予選、決勝とあり、メインイベントなので盛り上がりました。

この地域選抜リレー、3丁目は小3(女子)→小2(男子)→小3(女子)→小3(男子)→小6(女子)→小6(男子)→中学生(女子)→パパの8人で構成されていました。

自ら立候補して出たい人が出るだけあって、さすがみんな早いのぉ〜

出たい人が重なると、話し合って譲り合いがあるのですが、それで決まらないときは実際走ってみて早い人が選ばれます。

小学生の男子の部でその選考がありました。

4年生男子二人と6年生男子一人、合計3人で競い合いました。

この6年生は毎年出ていて、本当に早い。


予想通り6年生が勝って、4年生男子たちは不満全開 「6年生なんかに勝てるわけがない。ずるい」と言って諦めないから、役員のお母さんたちが「もう一回走ってみる?」と。

結果は変わらないと思われるが、走ってみることに。。。

案の定、6年生の子が断トツ。

4年生男子たちは、結果を目の当たりにしてしょうがなく納得。「そのかわり、負けたら許さん」と言っていたそう

6年生の男子は、最後だけど毎年走っているから譲ってあげてもいいような気もするけど、それは譲らないんだよね。

おとなしい感じの子だけど、芯は強いんだな。いいことだ。



メンバーが決まりかけた頃に今度は、6年生の女子が役員さんの家に来たらしく、「このメンバーじゃあ勝てない!私たちが交渉きていいですか?」と言いにきたそう

そして自分たちで交渉して、メンバー構成してこのメンバーが決定したそうです

子供たちのやる気がハンパない 拍手。



そんな熱い想いがこもったバトン。ハンパな気持ちじゃ走れません(笑)



予選は楽勝で、アンカーの夫は流して走れました。

活躍する場ないね。。。なんて余裕ぶっこいていたら・・・決勝は、予想外の展開で3位に終わりました


この地域選抜リレーとは別に、一般リレーというのがあって小学生以外の大人たちが走るリレーもあります。
これも出たい人がでます。
1丁目のお友達のりょうちんが走っていました。
スポーツマンの彼女だけあって、颯爽ときれいに走っていました


我が家は夫はリレー頑張って、私はタイヤ引きと綱引きのパワー系を頑張りました

綱引きは、赤組白組の対抗となりました。

大人のチームではなくて、一般女子の対抗となります。

白組の方は、中学生と高校生の女子が10人ほど構えていました。

私達赤組は、ママたちばかり。「中学生に負けられないよね」とちょっと若さにビビリながらも、久々の闘争心。

若い子に負けるか!という気持ちだけは一緒のママさんたち。妙に連帯感が出来て、秒殺してやりました(笑)

勝ったわ〜!  


子供を抱っこしてきて、買い物では重たいもの持って・・・筋トレになっているのだ。


満足。



健太は、全員出られる学年別リレーに出ました。

何気に前より随分早くなっていました。


楽しい運動会でした




















08:56 主婦の日常 comments(0)
認知症
 201204271

吉祥寺にある有名店、「小ざさ」の最中です。

たしかに美味しい



さて今日は、考えさせられたこと。。。。

仕事場のクラブハウスを掃除していると、ふら〜っとおじいさんが入ってきました。

おじいさんといってもうちの父より少し上ぐらいかな・・・という方。おじいさんだね

「ちょっと座ってもいいかな?」と外にあるベンチに腰掛けるので、「どうぞ」と言いました。

すると私に話かけてきて、その内容が支離滅裂で、そのうち卑猥なことを言い出しました。

あ〜この人、認知症だなとすぐわかりました。

卑猥なことをいうのも認知症の症状だと以前聞いたことがあります。

いつまでも相手はしてられないので、「ごめんね。お仕事しないといけないから。」と立ち去ろうとすると「仕事するの?見ていたい。」と言って中に入ってこようとして、「あんたキレイだねぇ〜」と手を握ってくるから、こりゃいかん!。。。。 今日はコーチはいないし私一人。

「お仕事するから、帰ってくれる!」と強めに言いました。



ただそこのベンチに座っているだけだったらいいけど、いくらおじいさんでも中に入ってこられるとちょと困るので帰ってもらうことにしました。

でも、「帰るの?」と言って、そのまままた自分の話を始めました。

「ねーねー、帰って!」と私。

そのようなことが繰り返されましたが、おじいさんは全く帰ろうとしないで、自分の話をしていました。

しかも支離滅裂。

これが認知症なんだろうな。。。

そして近寄ってくるのです。


このテニスクラブの前が特養の老人ホームで、そこに助けを求めました。

理事長さんが「この人は俺の奥さんだよ。迷惑だから帰りなさい」と強く言っていました。するとおじいさんは「迷惑?そうやって言われると悲しい」と私に言ってきました。

誰でもそうなるわけではないけど、人間の成れの果てがこれか。。。。と、なんか悲しいような、、かわいそうな、惨めな気持ちになり、邪険に扱うのがとても心苦しかったけど、「そうだよ。迷惑だから帰って」と私も言いました。


そうやって時間はかかりましたが、どうにかやっと帰ってくれました。
家に帰ったどうかわかりませんが、どこかへ歩いていきました。

おじいさんが帰ってから、「かわいそうだけど、これぐらい強く言わないと何時間でもいるからね、はっきり言わないとダメなんだよ」と理事長さんに言われました。


私は初めてお目にかかりましたが、このおじいさんは、この辺を時々うろうろしているらしい。

「かわいそうだけど、毅然とした態度で追い払うぐらいじゃないと入り込んでくるよ」と理事長さんが話をしてくれました。


ご家族の方は、どうしているのか?
こんなうろうろしていると危ないと思うけど。。。


人間ってまた赤ちゃんに戻ってゆくっていうけど、赤ちゃんはだんだん成長してゆくけど、老人はどんなに一生懸命世話をしても老いてゆくばかりだから、その辺もね、、、なんといっていいか、あてはまる言葉が見つからないけど、他人事ではないこの出来事、とても考えさせられました。











22:41 主婦の日常 comments(0)
子供の日
 201205051

子供の日、お友達の家族が自宅庭でのBBQに誘ってくれました〜

みんなで食べる食事は美味しいね。

201205052

そしてスモークチーズとスモークウィンナー。

ご主人が作ってくれました

ダンボールで作られた箱でこのように下から煙をくゆらせて2時間程待つとできあがり

ウィンナーはパリッパリで味が濃くなってるし、チーズも味が濃くなってとっても美味しかったです。

健太もとっても楽しい子供の日となりました



我が家は、いつも世間がお休みの時こそ忙しいパパなので、今年のGWも私と健太はどうしようかな〜と思っていました。

実家に帰省というてもあったけど、私は震災以来、家族が離れるのが嫌なのです
震災直後、夫を残して健太と二人実家に帰省しましたが、とっても不安だったので、それ以来なるべく家族は近くにいたいと思っています。

そんなこといっても健太は将来遠くへ飛び立っていくと思いますけどね。(そうなってもらいたい)
でも今は、家族三人が離れないように近くにいたいので、このGWもこちらで過ごしました。

お誕生日会を開いてもらったり、親戚の叔父と叔母が来てくれたり、めったに会えないお友達が子供を連れて遊びに来てくれたり、こうやってお友達がBBQに誘ってくれたりして、楽しいGWとなりました

みんなみんなありがと〜




21:14 主婦の日常 comments(0)
久々の再会
 201205042

都内にいる叔父と叔母が遊びに来てくれました。

私の結婚式以来だから、とっても久しぶりの再会でした。


せっかく来てくれるのに家にだけ案内してもな〜と思って大仏へ案内しました。

大仏の胸のあたり88メートルまでエレベーターで行けます。

晴れていると、スカイツリーも富士山も見えます。

し・か・し、曇っていて何も見えませんでした

ただ高いところに登って下の景色を眺めただけとなってしまいました


いつもは静かな大仏。都会から離れてゆったりとした空気を味わってもらえれば・・・と思って大仏を案内したのですが、予想外に屋台が出ていたり大道芸人がショーをやっていたりして混雑

40分も並んで上に上がってもめぼしいものは何も見えないし、混んでるし、、、大失敗

大仏の胎内に永代供養できる場所があって、「私は死んだらここに入れてもらおうかな〜、永代供養だったら健太以降の家族に負担かけることないし。」なんていう私の勝手な個人的な希望を話ししながらその場所を一周しました。

こんな大仏見物となりましたが、でもちょっとだけ観光気分を味わってもらえたかな。。。


今度はお泊りコースで、泊まってもらって一緒に偕楽園に行けたらいいな〜






22:33 主婦の日常 comments(0)
自分の誕生日
 201204281

先日、私のお誕生日でした。

お友達家族が祝ってくれました〜

そこのご主人が、私の好きなケーキ屋さんでケーキを買ってきてくれました

201205041

食事のメニューは、パエリアです

こんな大勢に祝ってもらうのって何年ぶりかなぁ?

私は幸せものです。

ありがとう〜




22:13 主婦の日常 comments(0)
お花見
 20120402

今日はお友達たちとお花見しました。

桜の咲いていないお花見でした  今日は本当は咲いているはずの予定でしたが、早かった
今年はきっと入学式のあたり満開でキレイでしょうね〜

桜はちっとも咲いてなかったけど、子供たちは楽しく森で遊んでいました。

天気よかったし外でのランチはとっても気持ちよかったです。

喧嘩しながらでも健太はたくさんのお友達と交わって今日も楽しい春休みでした。

とにかく健太は、一人っ子だから複数と交わる経験をたくさんさせてあげたいと思います。



桜。。。去年は桜を見上げることすら申し訳ないような気分でしたが、今年は桜を見上げて新しい気持ちで新学期迎えようかな。。。




21:51 主婦の日常 comments(0)
大人の体をした子供
 201203251

お友達家族と一緒にうちで宴会をしました。

前にご招待してくれたので、今回はうちに来てもらいました

私も自宅なので久々にワインを飲みました。

途中から記憶が断片的にしか覚えていません でも楽しく終わったからよかった


来てくれた夫婦が夫を見て「てらちゃん、外のてらちゃんと違うんだけど。。。」と言い出しました。

「てらちゃんって、家ではというより奥さんの前ではこんななの?」と。。。

そうです!!こんななのです。


「奥さん、怒ったりしないの?」と言うので「怒るよ。でも昔は話合おうとすると、口利かなくなってプイッってどっか行っちゃって話し合えなかったけど、最近は向き合って話し合えるようになってきたの。でもそのかわり、ちょっとしたことですぐ、もう離婚や!!」って言い出すのよ」と話すると

「てらちゃん、ダサすぎ」と夫は言われていました(笑)

「ほらぁ、離婚なんて言葉軽々しく言うもんじゃないんやで」と夫に言うと「別にいいし。俺のスタンスが嫌なら出て行ったらいい」と減らず口をたたいていました

お友達夫婦に笑われてしまいました。



何かいい部分で突出している人は、何かに欠けているもんで。。。
私はどうも完璧な人よりポンコツな人に魅力を感じるみたい。
私もポンコツだから???

私は、夫は究極の恥ずかしがりやの究極の甘えん坊だと思っている。
だけど私は、こんな人だから。。。と諦めへんよぉ〜(笑)
これから何回喧嘩になっても何回でもちょっとずつ話合うから〜。。。






22:28 主婦の日常 comments(0)
1/19PAGES >>